このブログはイベント情報や特典、ペット関連の情報、お知らせなどの他、わんスマイル店長のつい人に薦めたくなる様なおすすめ情報の記事を書いていきたいと思っています!


<< 謹賀新年 | main | ドライフードの賞味期限が変更に >>
【重要】 「犬用」表記の商品について
「犬用」と書いてあるものは猫へのご使用はお控えください。

また、犬の場合(特にコッカー)でもその使用には十分な注意をお願い致します。

※以下の詳細を必ずご確認ください※


以下 ラファンシーズ 製品のご案内 より
--------------------------------
犬用としてある商品はオーストラリア原産のマラレウカアルタニフォリア(Melaleuca alternifolia メラレウカアルテルニフォリア)の葉の蒸留液である、ティーツリーオイルの特性を活かし、処方されている商品です。

ティーツリーオイルは、原産国のオーストラリアの大学病院等での研究で、それがもつ自然の薬効的な力が注目され、多方面で幅広く利用されているものです。

ラファンシーズでは早くからその力に注目し15年以上にわたり、使用にあたって何ら問題なく、販売を継続してまいりました。弊社は基本的に「犬用」、「猫用」と区別する立場をとることなく製品化しておりますので、このティーツリーオイル配合の製品も長期にわたり、犬用に限定することなく、猫ちゃんにもご利用頂いているというのが現状です。

しかしながら、ティーツリーオイル配合の製品が、猫ちゃんへの使用から体調不良がアメリカで起きたという情報がございます。

より、安全・安心を考える上で、猫ちゃんへのご使用は御控いただこうと考え犬用との区別表示をさせていただくことになった次第です。

市場には多くのティーツリー配合の製品があるかとは思いますが、この措置はあくまでシグマテックインターナショナル株式会社の考え方、姿勢であって他社様の考え方、方針に言及するものではございません。ご理解ください。
--------------------------------

以下 わんスマイルの考え方

この情報を受けて、わんスマイルでもティーツリーについて独自に調べてみました。

その結果、猫へのティーツリー使用については様々なサイトに「使用してはいけない」、「危険だ」という記述はあるのですが、その根拠となる研究データや事例を見つけることが出来ませんでした。

ただし、どのような状況でかは不明ですが、猫へのティーツリー製品(どのようなものかも不明)使用で体調不良が起きた事は事実のようですので、やはり万が一のことを考え、猫への使用は控えたほうがよさそうです。

また、犬への適切な使用は問題ないとされていますが、調べていくうちにティーツリーはコッカー系の犬にも「使用してはいけない」、「危険である」。という気になる記述がありました。

これについてはさらに情報が少ない上にやはり猫と同様に根拠となるデータや記述を見つけることは出来ませんでした。本当にそうなのか気になったのでラファンシーズの販売元である、シグマテックインターナショナルさんに問い合わせてみたところ「コッカーの飼い主さんでも使っておられるが、気になるようなら使用を御控ください」との回答でした。

そういった状況から、念のための安全を考慮し、わんスマイルではティーツリー配合製品の店頭での猫への販売・使用はしない、また、さらに念を入れ、イングリッシュコッカースパニエル、アメリカンコッカースパニエルにも使用しない事とします。通信販売については本記事の情報を確認してもらい猫の場合は「使用しない」犬の場合は、コッカーに限らず、その使用について十分「気をつけてもらう」という前提で販売いたします。

ラファンシーズ | 17:27 | 記者: 店長
comments(0) | trackbacks(0)









 
 
カレンダー
 
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
PR
 
wansumaをフォローしましょう
 
カテゴリー
 
 
バックナンバー
 
 
PAGETOP